消費者金融利用前の不安

消費者金融利用前の不安

初めて消費者金融を利用するのであれば何かしら不安があっても仕方のないことです。お金を借りるという行為自体が初めての方は多いでしょう。親、兄弟にお金を借りることとは違います。友人からお金を借りることとも違います。お金を貸すことを生業としている会社からお金を借りる、そのことは真剣に慎重に考えなくてはなりません。

 

消費者金融は貸金業です。貸金業として私たちの身近にはほかにクレジットカードのキャッシング枠もあります。貸金業には貸金業法という法律があり、それにのっとった運営がなされています。私たち利用者もまた、その貸金業法を守った利用をしなくてはなりません。知らなかったで済まされるのであれば法律はいらない、まさにその通りです。

 

貸金業法は2010年に改正され厳しく規制がなされるようになりました。厳しさがでたのは消費者金融に対してのものであり、私たち利用者にとっては健全な利用ができるだけの土台がようやくできたことになります。実は、消費者金融を利用することに不安を感じている方の多くは、貸金業法が改正される前の消費者金融イメージがあるからかもしれません。

 

貸金業法改正以前の消費者金融はどのようなもの?

出資法違反、その言葉を消費者金融に関わる記事でみたことがあるかもしれません。かつて貸金業法の出資法(貸し付けに設定してもよい上限金利)は29.2%と決められていました。これは非常に高いものです。

 

実はそれすらも法律違反であり利息制限法違反となっています。

 

ただし利息制限法以上であっても出資法以下の金利であれば条件付きで設定してもよいという法律でもありました。そのため多くの消費者金融が29.2%という高い金利を設定していたものです。

 

過払い金返還請求

貸金業法が改正され出資法が見直されたことによってかつて過剰に徴収していた利息を返還請求に応じなくてはならなくなりました。今でもテレビCMでは「過払い金返還請求」が流れています。

 

それほどに多くの利用者が余分な金利による利息を支払っていたということです。過払い金返還請求に単独では応じきれず次々と消費者金融は銀行グループに吸収されていきました。

 

今でも単独で運営をしている消費者金融のアイフルも2009年に事業再生ADRを利用して私的整理を行い、再建を図っています。このような消費者金融の過去があり、現在は「出資法が見直されグレーゾーンも撤廃」されています。

 

取り立て

取り立ても恐ろしいのではないか、それも不安の一つでしょう。確かに過去には大手の消費者金融でも過剰取り立てによって金融庁からの行政処分として営業停止を何日も、何か月も、全店舗にわたって受けたところもあります。

 

クレサラ問題といえば記憶にある方もいるでしょう。クレジット会社や当時はサラ金と呼ばれていた消費者金融、信用保証会社がおこした過剰取り立てや高金利、過払い金や多重債務問題です。

 

現在は「金融庁、日本貸金業協会、消費者金融各社によって取り立ての自主規制ガイドライン」が制定されそれに基づいた取り立てが行われていますので生活を脅かすような取り立てはありません。

 

さらには日々流れる債務整理のCMもまた不安を駆り立てているでしょう。これは個人の消費者金融の利用方法によるものではありますが、その使い方、また消費者金融の過剰貸し付けも制限するための総量規制も貸金業法改正とともに誕生しています。

 

不安はあるでしょう。しかしかつて消費者金融がサラ金や高利貸しと呼ばれていたころの心配はありません。これから現在の消費者金融がどのようになっているのか、利用前の不安を解消していきましょう。

消費者金融利用前の不安記事一覧

消費者金融選びのポイントは?

どんな消費者金融を選ぶのか、それは大きなポイントになります。消費者金融は2014年8月現在で2,088社、それだけの数があります。しかしこれは正規の貸金業として財務局や都道府県の認可を受けている消費者金融の数です。貸金を行っている違法業者の数をあわせるとそれこそ数えきれたものではありません。違法業者...

≫続きを読む

金利の比較が意味がないって本当?

これほどさまざまな情報源で金利の比較を掲げているにもかかわらず、実は消費者金融を利用するときには金利を比較することに大きな意味がありません。大前提として基本的に消費者金融は初回融資のとき、上限金利が適用されるという理由があります。それは後々ご説明するとして消費者金融の金利を大手から並べていきましょう...

≫続きを読む

総量規制は何を規制しているの?

消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠などの貸金業にだけ総量規制という法律があります。銀行にあるローン(住宅ローン、マイカーローン、カードローン)や、銀行カードローン利用条件にある保証会社が消費者金融だった場合、そして携帯電話の分割購入などは貸金業ではありませんので総量規制の対象とはなっていま...

≫続きを読む

金利の上限が利息制限法で決まる?

消費者金融の金利はどこまでも上がり続けるというものでもありません。設定してもよい金利の上限が貸金業法で決められています。それが利息制限法、出資法です。上限を取り仕切るための法律が二つある、そこに疑問を感じるかもしれません。利息制限法以上の金利は消費者金融に対し行政処分、出資法以上の金利は消費者金融に...

≫続きを読む

学生や専業主婦の借り入れはできる?

消費者金融では申し込みをするための条件として「年齢(20歳以上65歳未満程度まで)と本人に安定した収入があること」としています。就職をしており正社員として基本給のある給料を受け取っているのであれば何も問題はないでしょう。しかしそれ以外の場合、例えば学生や主婦はどのようになるのでしょうか。本人に安定し...

≫続きを読む