消費者金融安心ガイド【13の不安を一気に解決!】

多くの人が消費者金融に不安を抱えています

当然のことながら、どうしても用意しなければならない金額があったとき、借りるという選択肢よりも先に考えることがあります。必要な日までに日数があるのであればなおさらのこと、あれやこれやと策を練るでしょう。短期のアルバイトもできるかもしれません。リサイクルショップで売れるものがあるかもしれません。

普段使っていない銀行口座はもう確認したでしょうか。少額だからこそ借りる前に考えることがあるはずです。それでもその金額が用意できなかった時、どうすればいいのでしょうか?

定期預金の解約、生命保険の解約、それも頭をかすめているかもしれません。しかし長年積み立ててきたものを解約しなければならないほどの金額でしょうか。もしそれがそれほど大きくない金額であり、分割で返済しても数回もあれば充分完済ができる金額であれば消費者金融から借り入れるという選択肢も有効に活用できるはずです。

お金を借りる不安

お金を借りるということに不安があるでしょう。それは多くの人が抱えている不安です。お金を貸すという商品、それは私たちの生活で身近なものではありません。商品を購入するのとは違ってお金を借りることはよく行われることではありません。

しかしあからさまにお金を貸すという商品ではないながら、実は私たちは多くの人が何らかの債務を持っています。それはクレジットカードの利用、住宅ローン、マイカードローンなどの大型借り入れ、多目的ローン、果ては携帯電話の機種代金も分割ローンでありそれもまた債務です。

意識していないだけで私たちは債務を持っているものです。それでもお金を借りることは少々事情が異なります。考えなければならないことが多くあり、知らなければならない知識が多くあり、集めておかなければならない情報があります。

銀行カードローン

お金を借りるときの選択肢として消費者金融のほかに銀行カードローンもあります。今では銀行からの少額個人融資であるカードローンも借り入れ先として定着化してきました。銀行といえば大型の融資を扱うというイメージはもう過去のものかもしれません。消費者金融と同じように少額の借り入れをすることができます。

時間がかかる
ただし、そこはやはり銀行です。手続きが完了するまでには時間がかかるものです。今日中に借り入れをしたい、それほど急なキャッシングには対応しきれていないこともまた事実です。

確かに即日融資(申し込みをした日に借り入れをすること)を公言している銀行もあります。ところが銀行の場合には申し込みのための上限が厳しい、振込キャッシングの対応が完全ではないなどの欠点もあり、即日融資の可能性は限られた条件を持つ場合に限るものです。

例えば利用したい銀行カードローンの銀行口座を持っていること、それが申し込み条件として必須になっていることは一般的なことです。即日融資ができるとしてもそれは口座を持っている場合のみ、そうでない場合には口座開設の必要があり開設完了までには2週間ほどの時間がかかります。即日融資を希望していない場合であっても2週間では遅すぎる、そうではないでしょうか。

利用条件
もう一つ銀行カードローンでは覚えておかなければならない利用条件もあります。申し込みができる条件として、年齢、安定した収入のほかに保証会社による保証も必要です。保証人は消費者金融と同様に必要がありませんが、その代わりとなる保証会社の保証を受けなくてはなりません。それはどの銀行カードローンでも共通の申し込み条件です。

保証会社は返済が一定期間滞ったときに代位弁済をするものになりますが、当然貸し付けてもいない金額を代わりに返済するなど避けておきたいリスクです。そのため保証会社からも審査を受けなくてはならず、銀行カードローンに申し込みをしたときには銀行の審査と保証会社の審査を受けなくてはなりません。

お金を借りることには多くの方が不安を抱えています。ここではよくある不安を13つ取り上げ、一つ一つ解決をしていきましょう。そこで改めて消費者金融の借り入れに不安がなくなったのかを確認してみるとよいでしょう。お金を借りることは難しくはありません。しかし返済は簡単なことではありません。不安を解消せずに消費者金融の利用はできないでしょう。

消費者金融とは

私たちが借り入れ先として一番に思い浮かべるのは消費者金融かもしれません。お金を貸すことを専門としている消費者金融は、ハードルが低いようにも感じられます。テレビをつけると流れている消費者金融のCMは、お金を貸しますというよりもお金を借りてくださいともいっているようにさえ感じられるほどの回数を見かけるものです。

確かに消費者金融は新規顧客開拓に力を入れています。改正貸金業法施行前、2010年のことになりますのでまだわずかに4年前のことになりますがそれまでは消費者金融には良いイメージなどなかったものです。

グレーゾーン金利という言葉を聞いたことがあるでしょう。法定金利以上の利息をとっていたことでその過払い金の請求が多く発生し、一時期は消費者金融の自粛ムードが高まりテレビCMも一切流れないそんなときがありました。

消費者金融とはどんなところであるのか、それをお話しするためにはかつての消費者金融を知る必要があります。黒歴史ともされているサラ金の時代があったからこそ、それが露呈し法律が改正され現在の健全な消費者金融があります。

消費者金融がサラ金と呼ばれていたころ、高利貸しとも呼ばれていました。現在でこそ上限金利は何があっても20.0%を超えることはありません。しかし当時の金利は最大29.2%です。最大でありながら一般的な金利でもありました。

単純計算で100万円を借りたら30万円ほどを利息としてプラスしなければならないということです。実際には借入残高と借り入れ日数によって利息が変わりますので、毎月返済をしても大半が利息になってしまいます。元金の返済が進まず数年返済してもまだ数万円程度しか返済ができていなかったということも少ないことではなかったのは事実です。

法律で決められた上限金利は20.0%、そして29.2%を超えると刑事罰の対象となる、そこででてくる20.0%から29.2%の間はなんであるのか。それがグレーゾーンです。グレーゾーンの金利は、任意性書面性がある場合には有効とされていました。つまり消費者金融の金利が記載された契約書にサインをする、それが任意性書面性のある場合となってしまいます。

多くの場合、その金利に疑問を感じることはなかったでしょう。なぜなら消費者金融とはそのようなものというイメージが浸透しておりだからこそ高利貸しとも呼ばれていたものです。消費者金融を利用するのであればそれだけの利息は支払わなくてはならないと思い込んでいたものです。

今でもテレビCMで消費者金融のCMと同じほど流れているのが過払い金返還請求のCMです。弁護士業界でも一つのビジネスとして成り立つほどのにぎわいとなりました。最後の取引から数えて10年、それが過払い金を返還できる期限です。

しかし、過払い金を返還しなければならない消費者金融側は、あまりに莫大な金額への対処にアイフルでは事業再生を行い、そのほかプロミス、アコム、レイクなど大手として存在していた消費者金融は銀行に吸収されました。

プロミスは三井住友グループへ、アコムは三菱東京UFJ銀行系列に、レイクは新生銀行のカードローンとして消費者金融ではなくなりました。
大きな変化が突然に行われることになったのは2010年の貸金業法の改正があったからでしょう。

貸金業法は改正され、利用者保護を目的とした健全な運営をしなければならないルールが事細かに決められています。私たちはそれがあるからこそ安心して消費者金融を利用できるようになりました。

即日融資、振込キャッシング、インターネット返済など非常に便利なサービスが充実している消費者金融ですが、その安心の土台となる法律が整備されているからこそのものです。